低金利カードローンの優位性について

金利カードローンと一口に言っても、消費者金融業者の高金利なものから銀行の低金利なものまで様々です。借金をするということは、きちんと完済する必要があります。これはだれでも理解できることなのですが、借りる時にそこのところを充分に考える人は稀です。完済するためのコツは、とにかく利息負担を少なくすること、繰り上げ返済などを利用して早期返済すること、などが重要なポイントとなります。
つまり、同じカードローンを利用するのであれば、低金利なものが良いに決まっています。ただし、例えば、適用金利が4〜15%となっている場合でも、50万円や100万円の融資の場合にはほとんど最大の15%が適用されることになりますので、利息負担は大きくなります。
とは言え、銀行と消費者金融業者で比較すると、3〜4%の差が付くことがほとんどですから、そのケースにはどちらで融資を受けるかは一目瞭然というところです。体験談などを見てみても、特に、消費者金融業者など数社で借りていたケースでは、これを低金利のおまとめローンに乗り換えることで、生活に余裕が出てくるようになり、余裕が出た分を繰り上げでコツコツと返していたらみるみる残高が減少することとなり、思ってたよりもだいぶ早く完済することができたという話も多くあります。
このように、カードローンで融資を受ける際には、ボーナスなどで一括払いできるような当てがないのであれば、いかに早く完済するかという計画性を持つことが大切です。