カードローンの「返済期間短縮のコツ」とは?

カードローンを利用する上で、絶対に外せないポイントとなるのが「返済期間」です。要は、完済するまでにどのくらいの期間がかかるのかと言うことが重要なわけですが、その理由は「返済総額に大きな違いが出る可能性が高いから」に他なりません。

契約時、金利がどの程度になるのか、毎月の最低(約定)返済金額はいくらになるのかと言うことが決められます。これは各社ごとに違いがあり、それぞれの環境に合わせて考えていくことが必要です。基本的には「毎月、1円でも多く入金していくこと」が重要になりますが、大切なことは「甘い考えを持たない」ということです。

お金例えば、最低3000円を返していれば督促が来ることが無い状況だったとして、その金額だけを返していたのではいつになっても完済に近づきません。ほんの少しずつは近づいていくものの、その状況では完済時に「元金の数倍」になってしまう可能性が高くなります。また、ATM手数料なども含めて「実質年率」で計算していくと、さらに大きな無駄が生じていることが分かります。

そうならない為にも毎月出来るだけ多くを返していくようにし、尚且つ「手数料などの無駄なコストがかからない方法(口座引き落としなど)を利用してコスト削減を心掛けていくことが大切です。何の対策も講じなかった場合と比べると、明らかに元金(ご利用残高)の減り方が早くなっていきます。最大額以下で収まるよう、常に意識しながら利用していくようにしましょう。