カードローンの返済は口座引き落としがお勧め

カードローンやキャッシングは約定返済という方式を採用しています。借りたお金は返さなければいけませんし、支払期日に遅れたら延滞扱いとして信用情報に記録されます。信用情報に傷がつけば今後の借入に影響するため、払い忘れには細心の注意を払ってください。
約定返済という方式は所定の期日に一定の割合で支払額が決まるというもの。期日はカードローンごとに異なり、10日に固定されている場合や自由に選べるスタイルなどがあります。給料日後に指定しておけばお金がある状態に返すことになるので効果的でしょう。
返し方は口座引き落としかATMで入金するかのどちらかです。ご利用残高に合わせていくら返さなければいけないかが決まる残高スライド方式を採用しています。金額の目安としては10万円以下ならカードローンごとに定められている最低支払い額になることが多いです。銀行系は高めに設定されており、消費者金融系は小さな負担で済むようになっています。
返し方でおすすめなのが給料日の翌日や数日後に口座引き落としをすること。通帳給料が振り込まれて、お金に余裕があるタイミングで振替となるので延滞につながるリスクを最小限に抑えることができます。延滞してしまうと地帯損害金が発生するため返す金額が結果的に高くなるのも頭に入れておきたいポイントです。ATMで入金する方法はついつい忘れてしまいがちなのでお勧めできる方法とは言えません。引き落としを上手に使って延滞しない利用を心がけてくださいね。